FC2ブログ

初書き込みー

こんばんは。
音楽監督(指揮者)をさせてもらってます、伊藤篤司です。

ええ。まったく用件はないのですが。
ただブログ書いてみたかったので。

いま、おうちで譜読みをしていました。
僕は毎日5時間くらいは譜読みします。

ウソです。1時間くらいです。
これが指揮者が読む楽譜。フルスコア(総譜)です。
P1020912.jpg
上から順に。
ピッコロ、フルート、オーボエ、バスーン、クラリネット×2、アルトクラ、バスクラ、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、トランペット×2、ホルン×2、トロンボーン×2、ユーフォニウム、テューバ、コントラバス、打楽器×4、ハープです。
計25段です。この曲は。

私も指揮者の「はしくれ」。
スコアを見ただけで瞬時にすべての音符を読み取り、頭の中にオーケストラサウンドを鳴り響かせることができるかァァ!

厄介なのが移調楽器。この中ではクラリネット、サックス、トランペット、ホルンがそうで・・・。
楽譜上の音と実際の音が違うのです。
いうなれば、ドレミはドレミでも、「クラリネット語」「サックス語」「ホルン語」それぞれ違ったドレミで書いてあります。

伝統的にそうなので、疑問を持たない人も多いのですが
僕は厄介な因習だと思います。

「ホルンのドはピアノのファだからぁ・・・え~と」と、いっこずつピアノで音をひろったりします。地道に。

ピンクく塗ったのはメロディー(ハモリは除く)です。
こうしとくと、合奏のとき読みやすい。
「ハイ!練習番号53からバスーン、テナーサックス、ユーフォ上!さんはいッ」とテキパキ進められてカッコイイ。

明日は練習日。
楽譜配ってまだ2、3回目くらいの合奏だけど、練習はいつも楽しみです。
2011-04-28(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

kazenotaniwe

Author:kazenotaniwe
四日市 風の谷ウィンドアンサンブル
三重県四日市市を中心に活動している吹奏楽団です♪演奏会の情報や、普段の活動の様子をアップしていきます。

最新トラックバック
検索フォーム